toco's オトノワ コトノハ

歌うたいtocoの音の輪・言の葉エッセイ。テーマは、音楽。
Home作品発表 | DIARY | ライブ | イタチのきもち | スタジオ ステラ 

2006年10月の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブの「手のひら感」

2006.10.14
先週、杉並区にある老舗ジャズ喫茶(ライブハウス)で唄&サンシンを演奏した。ギターのE氏が企画する、ノンジャンルのライブ。毎月1回ここで出演させて頂き、気が付くと10/5の出演で丸2年を越えていた。

楽器1本の伴奏ならば、マイク無しでも声が届くこの場所は、客席の反応を間近に感じられる。慣れた曲が、なんとなく受けが良くないこともあるし、初蔵出しで、自分では荒かった、と思っても、拍手がもらえるときがある。

ライブの音は、やっぱり生モノ。新鮮な音は、いい緊張感からくるような気がする。だから、何度この場で歌っても、あまり"慣れて"しまいたくないなぁ、と思う。

声が、ちょうど客席の空間と同じ容積になるとき、その場が、まるで手のひらにあるように近く感じることがある。歌の集中力が、ぐっと高まる瞬間でもある。ライブ独特のこの「手のひら感」を、大事にしていきたいと思う。
スポンサーサイト
Copyright ©toco's オトノワ コトノハ All Rights Reserved.
Template by まるぼろらいと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。