toco's オトノワ コトノハ

歌うたいtocoの音の輪・言の葉エッセイ。テーマは、音楽。
Home作品発表 | DIARY | ライブ | イタチのきもち | スタジオ ステラ 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨匠に学ぶ

2007.04.24
ある有名な映画監督が、ひとの作品の試写会で「大人になりきれていない。感情のまま作っている」という感想を述べた、という話を聞いた。その言葉がとても印象的で、私の中でずっと引っかかっていた。
今日、新しい曲を作っていて、突然その言葉を思い出した。悲しい内容の曲だけど、自分がその世界に溺れてしまっては「聴ける」作品にならないなー、と思いながら、試行錯誤しているときだった。リスナーとして聴くとき、音楽と感情には、とても深くて自由なつながりを感じる。でも作っているときは、それだけじゃないんだ。

そういえば何年も前、ボイストレーニングのレッスンで「独白」というのがあった。自分の過去の体験を、独り芝居に似た舞台表現にして発表する課題だったのだけど、先生からは「身の上話をするな!」と厳しくいわれた。表現になっていなければ、ノンフィクションの要素は、ただの身の上話になる。いま曲を作りながら感じていることを、あそこでも言われていた気がする。

教えられたことの多くは、随分時間がたってから、やっと理解する(したつもりになる)ことが多いな、と思う。

関連記事

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://otonowakotonoha.blog75.fc2.com/tb.php/12-88ac9bc7
Copyright ©toco's オトノワ コトノハ All Rights Reserved.
Template by まるぼろらいと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。