toco's オトノワ コトノハ

歌うたいtocoの音の輪・言の葉エッセイ。テーマは、音楽。
Home作品発表 | DIARY | ライブ | イタチのきもち | スタジオ ステラ 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11

2012.03.11
東日本震災から1年。震災により失われた多くの方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
1年前のこの日、わたしは都内の病院の緊急外来にいました。建物が大きく揺れて非難を促す館内放送が流れたとき、点滴につながれた赤ん坊を抱えて動けずにいたわたしは、看護師さんに支えられ、なんとか歩きだしました。病室に戻った後も何度か非難誘導が繰り返され、外へ出るたびに、他の患者さんたちとともに、無言で暗い空を見上げていました。あのとき、多くの尊い命が失われていたということを、後で知りました。

家族も、水も、笑顔も。そこにあることが「あたりまえ」ではないということを強く感じた1年でした。そして、自分になにができるのだろう、と自問することの多い1年でもありました。電気の節約や寄付など、誰にでもできる小さなことを、誰もが続けていけば、きっと力になるはず。その力の一部であり続けたいから、できることを続けていきたいと思います。

このブログでの更新をお休みしている間に、わたしは待望の第1子を授かりました。無事に生まれてくれた命の喜びと輝きを知り、そして決して失いたくないという、愛おしさと怖さも知りました。

被災地の子供たちも、わたしの子供と同じように未来を掲げた愛おしい命。だから今年は、ユニセフに寄付という形で想いを託すことにしました。

「当協会でお預かりした東日本大震災緊急募金は、全額、子どもたちを中心とする被災者の方々への支援に活用させていただきます。」(ユニセフのWebサイトより)

被災地の子供たちが、少しでも笑顔になれますように。
生まれてくる子供たちが、ほかの地域の子供たちと同じように幸せになれますように。

関連記事
テーマ:東日本大震災 - ジャンル:ニュース
DIARY    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://otonowakotonoha.blog75.fc2.com/tb.php/29-9ef2290b
Copyright ©toco's オトノワ コトノハ All Rights Reserved.
Template by まるぼろらいと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。